楊名時太極拳

師家楊名時は山西省太原の北、五台山の麓、五台県、古城村の生まれである。楊家は武門の血統であり、家系の伝統にしたがって、師家も幼少のころより天気の良い日は戸外の広場で、雨の日は屋内で、父君から太極拳、槍、棍等に加え袖箭(手裏剣)などの武器も含めて武術全般を教えられ育った。小学校の3年までを地元で終えて、4年からは省都太原の太原第一師範学校付属小学校に入学することになる。

そこでも血統のなせるわざはやみ難く、学業の傍ら課外活動を中心に武術に取り組んでいる。 そのとき武術教師として教鞭を執っていたのが、山西一の形意拳の名人、穆小義老師である。 師家は穆老師から形意拳を学び、同時に大刀、槍、棒術、などの武術を、軍隊の武術教練など様々な先生から学んでいる。小学校を終え、太原一の名門校である太原第一中学校に進学した師家は、中学でも課外活動で武術を学習する傍ら、この地方一の武術専門学校である山西省武術館に入門する。

ここでも武藝十八般を修め、選手として演武大会に出場、活躍し優勝の経験も幾度か重ねている。 このころの待意種目は査拳、棍などであった。ここにも師家と太極拳との出会いがある。 師家は選手として活躍していた当時、武術館の太極拳教練を務めていた楊式太極拳の名人王新午老師より、108式を中心とする伝統楊式太極拳を伝授されている。楊名時太極拳の基となった伝統楊式太極拳の技はこの時期に修得したものがべ−スとなる。

師家は、山西省政府によって太原第一中学校での勉学の才を認められ、省の官費留学生として京都大学留学の栄に浴することになったのである。それは日本でいえば夏目漱石が文部省の第一次公費留学生としてロンドンに赴いたが如く、いわばエリートとしての将来を約束されたことを意味している。もしこれがただの武術少年の話であったとしたら、日本に於ける太極拳の歴史は全く別のものになっていたであろう。

日本でいちばん愛好者の多い太極拳

楊名時太極拳は、今、日本でいちばん愛好者の多い太極拳です。1960年(昭和35年)に、師家・楊名時先生により創始され、日本で指導・普及されてまいりました。中国古来の武術にその源を発する太極拳の中から簡化太極拳二十四式に、呼吸を重視して心を込めて動くという独自の工夫を加えるとともに、八つの医療体術(気功法)八段錦とあわせて二本柱としたものです。

そこで、「楊名時八段錦・太極拳」、「楊名時気功太極拳」とも言います。楊名時太極拳は、呼吸法に従い、心と体のバランスをとり、他の人と競い合わないで、健康と長寿を主な目的としているバランス運動です。柔らかい、ゆっくりした動きですから、ご年配の方でも、少し体調が良くない方でもできます。年齢・性別にかかわりなく、どなたにもお勧めできます。

「健康・友好・平和」が、楊名時太極拳の大きな目標、願い、夢であり、理念です。私どもの求める基本的スローガンでもあります。まず、「健康」。健康はすべての基本です。健康でなければ人生を豊かに生きることはできません。健康即幸福です。ついで、「友好」。友と仲よくすること。どの友に対しても、広く、やさしい心を持って接すること。決して悪口を言わないこと。友のよいところを評価してつきあっていくことを大切にしています。

そして、「自他共栄」で、自分の健康・幸せだけでなく、他の人の健康・幸せも願うような、広々とした、穏やかな心で、心を込めて、深い呼吸とともに、柔らかく、ゆったりと動くことを大切にしています。このように、「健康」、「友好」を踏まえて、私どもの目ざす夢、理念は、「平和」です。心から世界の平和を願うものです。戦争のない、幸せな世界を迎えるために、ささやかな力ではあっても、皆で「同心協力」で努力していきましょう。

スポンサードリンク